癒穏のよくわからない日記←だと思う (仮)

理解するのに難しそうな言葉だらけです。 また、日記というけど違うと思います。

虫!

さっき虫出た

今何処にいるのか

もう今日は、

トイレで寝るのかな←


誰も虫を捕まえてくれない


よしこうなったら

虫が出てくるまで

動かない←


時間経過


嗚呼

誰か捕まえてよ

とイライラしてきた

私の自由時間が


なんか泣きたくなってきた



時間経過



いきなり虫が

声を出した

父に訴えた

ここ!

って

あの時心臓がびっくりしてたおれるかと思った

何故かビニールを持って

捕まえようと

速い逃げるのが

何処かへいった

しかし、殺虫剤を浴びた?

はず

父曰くもう  ………んだ

もし明日起きたら

顔にいたら∑(゚Д゚)やだ!!


いなかった

ふー

虫が気になるけど

学校へ


帰宅



いた!!

トイレに

(トイレにいかなくて良かった←)




疲れた


ところで虫の正体が気になる

(名前が)





14時ごろ撮りました






f:id:MINN:20130718141817j:plain



誰か教えて

←スルー可



間違ってたらごめんね

f:id:MINN:20130716155237j:plain

これでいいかな

太妹で

気に入らなかったら

ごめんね

色鉛筆で描いた

ので雑なのかもしれない



全体

f:id:MINN:20130716155625j:plain

バランス悪い

写りが悪い←


こんな風になってしまって

反省はしてる



とにかく

お誕生日を祝う為に描いたのです←間違ってなければ良いのだが.........


小説 儚い 思い (仮)←

またせて誠に申し訳ありません

テストがあって

(必至に提出物をやっていました)


前回お星様つけてくださり

ありがとうございます。



この物語は、フィクションです。

矛盾があるかもしれません

または、誤字 脱字 があるかもしれません

ご了承ください。





襲ってくると、
自覚したのは、
すぐだった

しかし、
遅かったのか
よけるのが
時間が、かかった

腕に軽い火傷をしたような
感覚が襲ってくる
痛いと、
いう暇がないほどに
雷が、
この体を
狙う
貫く

よけるのに
精一杯だ
しかし、
時間が、
経つに連れ
体力が
なくなっていく
つまり


雷が、直撃する
確率が
上がってくる

しかし、
親友も
疲れて
いくなので
あんまり
確率が
変わらない
けど、
攻撃する
チャンスが増える
しかし、攻撃すると
親友に
傷が、ついてしまう

どうすれば
元に戻るのか
そう、
思って
今もなお
よけている

何故か
濡れている
身体

雨が!!
親友は、
わざと濡れやすい位置に
移動させて
足に水が
かかった
瞬間

雷を当てる

何という事だ
気がつかなければ
もう地面についたのかもしれない

俺は、
一か八かで
岩を
投げた

少し尖ったものを
当たらない
そう思うと、
何故か自分が
呆れた事を
やっていたのか
しかし、以外に
当たった
足に
当たった瞬間
親友は、
顔を
一瞬
歪めた
その時俺は、
罪悪感が、
出て
しまった

親友は、地面に落ちた
しかし、
それほど
高くないため
無傷だ
親友は、
軽く
刺さっている
岩を抜いた
出血は
あまりしていない

親友は、
立った

そして

怒り
憎しみ

を込めた
表情で
こういった







       「よくもやってくれたな」




低い声
昔は、
純粋な声
だったのに
今では、
恐ろしい

小説 儚い 思い (仮)←

この物語は、フィクションです。

矛盾があるかもしれません

または、誤字 脱字 があるかもしれません

ご了承ください。






彼……とは、



親友

の事だ

た......し…か......

行方不明のはずだが


いる
幽霊なのか
俺は、
手を顔くらいの高さ
に、あげて
頬を持って

横に引っ張った

いたい
本物の幽霊か!
と、
独り
驚き何度も

見て

の繰り返し
その行為が、
何分も続いた

しかし、
親友は、

声もかけず
こちらを
睨んでいる
ように見える

まるで、

昔になにかがあり
今だに
憎んでいるかのように

その事は、まだ彼は、
気付かない

次の瞬間

パチンと、
少し
乾いた音が
聞こえた

その数秒後

雷が、
なった

それで

はっ、と
彼が
思考を
戻した

小説 儚い 思い (仮)←

まずは、コメント返し

こりまへ

いい話ではないと((だんだんと悪く......




この物語は、フィクションです。

矛盾があるかもしれません

または、誤字 脱字 があるかもしれません

ご了承ください。



その時


壁が崩れ

天上が

崩れてた

俺は、危うく

岩に当たりそうだが

ギリギリよけた


上をみると、

雨が降っていた

珍しい

ここの地帯は、

あまり

降らないのに


降っている


ボーとしてると

声がした

さっきは、

囁くような感じで

つぶやいていた


今のは、


少し暑苦しい声と

感情が、

こもっていない


しかし、懐かしい



突然

雷が、なった


一瞬


思考が、停止した


けど、

すぐさま考えた

だけど、何も出てこない

俺は、言った

「気のせいか」

「さぁ、 帰るか」

直後

足元に

かすって

誰かが、

言った

俺は、

聴いていない

まるで、

その声は

嘘だと思わせるような

感じだ


その声の方向に

振り向いた


「!!」

彼がいた



小説 儚い 思い (仮)←

まずは、コメント返し

こりまへ

面白くないです

この小説は、意味不明です

期待はしないで

H/K 本当に暑い

いや、湿度高い

風ない


前回お星様つけてくださり

ありがとうございます。



この物語は、フィクションです。

矛盾があるかもしれません

または、誤字 脱字 があるかもしれません

ご了承ください。


一章  Magic world 

一節  偶然


ザァァァ 

?『ハァハァ 』

もう 来てないよな

そう思ったら

意識が、途切れた






何ださっきの夢……?
そう思うと、
「包帯あるか〜」
と、聞こえてきた

続いて
「足りないから早くもってこい」
俺は渋々起き上がり包帯をとって
師匠?に、渡した

「ありがとう、 」

そう言って
怪我をしている
男に包帯を結んで行く

俺は、とっさに言った
「誰? 」
失礼過ぎる言い方
だと少し後悔
してしまった
しかし、

師匠?は、
「家に帰ろうとしたら、倒れてた」
そう言って

「雨の中、可哀想で連れてきた」

まるで、

独り言のように
つぶやいた


突然顔をあげて
俺に問いかけた
「今日、出かけないのか?」
「あ!そうだ 」
と、
言い
逃げた

,
,
,

いつの間にか、
砂漠だらけ
の場所に、

いた
その近くは、
遺跡みたいなのがあって、

入った
中は,暗くない

外よりも、涼しい

歩こう

理由が、わからないが、
歩く


迷路に、なっていて
迷いやすい

しかし、俺は、
一回も

行き止まりに、突き当たらず
楽に奥の方に、いけた。


最深部に、ついたんだろう
壁を触っていた
その時に声がした。

『懐かしい親友に、会いますか?』

!!?  え?
『しかし、親友は、
優しくないそれでも』

                『会いますか?』

会うに決まってるだろ!!
何故か冷や汗が出て行く

『そうですか  残念です。』

そう、言って
声は、聞こえなくなった


小説 儚い 思い (仮)←

この物語は、フィクションです。

矛盾があるかもしれません

または、誤字 脱字 があるかもしれません

ご了承ください。





序章


何故この事が、

起こったでしょうか

分かるはずはないのだから

時間の経過と、共に

忘れられるのだから


しかし、 完全には、

忘れないのです。


心の底まで根を張った

記憶ならね



じゃあ、


また、会いましょう…



              とある女の日記

                    〜 最後の願い〜

                                   一部より



何故か起きられない


倒れてる


もう終わり?


あの頃は、楽しかった

どこで間違えたのか


わからない


けど、一つは、分かる


これで終わると



不意に

ひんやりしていて、

すぐに

寒くなる


一瞬

目をつぶった。

その時

今まで



寒かったのが

暖かく

心地が良かった

いや、


声が懐かしい


その声は......



今日、とある時間で、

ある理由がわかっ ry


火曜日 顔に傷が、

不思議だったよ

猫いるのかな?と思った

(まあいないよな)

そして、今日

分かった


けど、教えない

噂になったら困りそうなんで、

※自分自身は、話を聞いていたので

他人の方だと存じてください。


H/K

暑い


早い早い

もうすこし遅くしてくれ!

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*


H/K


暇だよ。

((テスト近いが、気にするな←


なので、いつか


小説でも、かきます (=゚ω゚)ノ 


  1. いつ かくのかは わからない←オイ


とにかく


矛盾だらけです


(決まってないけど)


よし、終わろう





修学((ry

楽しかったです。

都会って人多いね。

改めて思った。


移動が長い?なので、

寝る←

寝ようとしたら、


手のバランスが

崩れて寝れない


ちゃんとした

枕がないと←特に意味のない発言


暇つぶし←←

花ひらり 散る前 さあ、 舞い踊る

未練ない時  花曇り来たれ



文章 おかしいですね。

ま 暇つぶしだからこの辺りにしよう


何言ってるんだ

私は!WWW

(意味不明な発言は、見なかったことにしてください。)


日々過ぎるのが、早いですね。

今週のお題「卒業」


今日は、卒業式でした。

三年生が、歌っている姿を見て泣きそうに、なりました。

長く座っていた時間は、今思う事は、 “あっという間に時間が、過ぎた。“

さて、話は、変わります。

小6の頃、

卒業式は、終わった時に、すぐに、帰りました。

その頃は、アルバムという大切な思い出は、ありましたが、

今は、なくなった。

どこに、行ったのか

もし、見つけたならば、懐かしいとしか思えません。

昔の出来事が、懐かしく感じています。